post

企業は、派遣社員に何を求めているのでしょうか? それは、即戦力としての活躍です。いわば派遣社員は、「助っ人」のような立場の人間。その会社の社員と違い、「育てていこう」という風にはならないのが現実です。そのため、「自分の能力が即戦力として十分のレベルにあるんですよ」ということを示す意味で、資格が大切になってきます。でも、どんな資格が武器になるのかよく分からないですよね。そこで、今回は派遣社員に求められている資格やスキルについて、説明していきたいと思います。

PCスキルは必須級!

現在、ほとんどの会社で求められるのがPCスキルです。特に、ExcelやWord、PowerPointなどの基本的なOAソフトは満足に使用できなければいけません。自信がないという人は、自分で本屋に行って教材を購入して勉強するか、ビジネススクールに通ってスキルの獲得を目指しましょう。また、派遣会社によっては、無料で講習会を開いてくれるところもあり、気軽に参加することができるので、そういった派遣会社に登録するのも一つの手です。ちなみに、マイクロソフト社では、それらのOAソフトに関する検定であるMOS検定というものを実施しており、合格すれば資格が貰えます。自分のスキルの高さを証明するものとして、取得しておくに越したことはないでしょう。

経理事務を目指すなら簿記の資格を取得しよう

派遣社員に人気の資格として、よく挙げられるのが日商簿記の資格です。でも、経理事務って、いまいちどんな仕事をするのか分からないですよね。具体的に言うと、入出金の管理や財務諸表の作成といった、企業の経営を正しい方向へ導くための情報をまとめる仕事が主となります。ただ注意してほしいのが、実際に企業が求めているのは簿記2級以上の資格を持った人だということです。もちろん簡単に取れる資格ではありませんし、試験の合格率も低いのが現実。それでも、目指す人が多いというのは、それだけ価値のある資格だということです。

英語が話せるのもアピールポイント

近年、グローバル化の影響もあり、より英語の能力が重視されるようになりました。そのため、英語が読める・話せるというのは、派遣にとって非常に大きな武器になります。その際、指標としてよく使われるのがTOEICの点数です。TOEIC700点以上の人の場合、英文事務や貿易系の事務の仕事も視野に入ってきます。また、TOEIC900点以上の人だと、通訳や翻訳といった、より専門的な仕事にも就けるので、興味のある人は目指してみてはいかがでしょうか?