post

通常、派遣スタッフは派遣先企業に対して事前面接や履歴書の提出ができません。ただ、派遣企業には提出する必要がありますし、一定期間派遣スタッフとして働いた後に直接雇用に切り替える紹介予定派遣では、履歴書や職務経歴書を提出します。そもそも、この職務経歴書を見たことがない人もいることでしょう。一言でいえば、経験した仕事の詳細を書いた書類であり、「どういう所で働いてきた」、「どんなことをしてきた」、といったことをメインに書いて履歴書と一緒に提出するのです。履歴書にも職歴の欄はありますが、記入するのは「いつからいつまで派遣先にいたか」という事実と年月のみで、普通は詳しい内容までは書きません。応募の際に見られるのも、「通勤できる場所に住んでいるか」、「給与などの待遇面でミスマッチがないか」、「読みやすく丁寧に書いているか」、といったごく常識的な範囲のことや、学歴を含めたプロフィールがメインになってくるのです。

職務経歴書はアピール材料にもなる

職務経歴書は、経験やスキルについて具体的に書くための書類です。履歴書だけでは足りない部分を補うためのものであると同時に、自分自身をアピールするためのものでもあります。そして、企業側も「仕事に求める経験や実務能力があるか」、「希望の職種に対するライフプランを持っているか」、「転職の目的が納得できるものであるか」など、求めるスキルがあるかどうか、今後身に付けようと思っているスキルがあるかといった、より実務的な目線からチェックをしています。職務経歴書を書くときに気をつけたいのは、アピールしたいポイントを厳選して読みやすく整理しながら書いていくということです。メリハリがなくダラダらと派遣先を並べてしまってはせっかく積んできた経験も魅力的に捉えてもらえないのです。後、職務経歴書は手書きではなくパソコンで作成しても構いませんので、字に自信がない人はパソコンで作成した方が相手には伝わりやすくなると思います。

職務経歴書で履歴書のカバーはできるのか

特に、短期で契約を繰り返し勤務した企業や派遣先が多い場合は、一般的なフォーマットの履歴書に記入すると、職歴欄が就職、退職の繰り返しで埋まってしまいます。短期間に何度も職場が変わっているとマイナス評価されやすいという話はよく耳にするところではありますが、これを転じてプラス評価に変えることはできないものかと考えてしまうものです。そこで、履歴書とあわせて送る際に、「スキルアップのために転職をした」などのポジティブな理由をアピールし、これまでの企業で積んだ経験や成し遂げた実績をしっかりと明記するなどをすれば、相手には違ったアプローチをすることができるかもしれません。特に、企業側から提出を求められていなくても履歴書に同封して構いませんので、企業側が求めている能力を示す経歴をまとめれば、「回数の多さも経験の豊富さ」と受け取ってもらえることが期待できるのです。