post

20代後半から30代前半は色々と将来のことを考え始める時期であり、実際に派遣スタッフとして働いている人でも20代後半から30代にかけて「正社員として働きたい」と考えている人は多くなります。厚生労働省が発表した「派遣労働者実態調査」によると、現在派遣スタッフとして働いている人のうち「正社員として働きたい」と考えている人は、20〜24歳では40%ですが、25歳以上になると50%を超えるぐらい正社員への希望が高まっているのです。

派遣から正社員になる道のり

まず、派遣スタッフの場合は色々な職場で実務を経験できるメリットがあります。派遣スタッフとして働いてきた人の中には、経験を積んで専門的な能力を高め、アピールできるキャリアを作り上げてきた人も少なくありません。むしろ、就職活動でうまく希望の会社に入れなかった人でも、派遣という働き方をうまく活用することで実績やキャリアが評価され、中途採用として転職される人も多く存在しているのです。

派遣スタッフとして長く働く道もある

20代で培ったスキルを武器に、30代も長く派遣スタッフとして活躍したいと考えている人もたくさんいます。その理由は様々であり、結婚や出産のライフイベントがあってもフレキシブルに働くために派遣を続けたい、一つの技術を極めるために異動のない派遣という立場でいたい、一定期間働いた後に長く旅行をするライフスタイルを続けていきたい、などなどの理由が存在してきます。そこで、「スキルを活かしたい」、「好きな仕事をしたい」、など自分の理想を持って働くことも大事ですが、一定期間を過ぎると働く場所が変わる派遣スタッフにとって自ら積極的に環境に馴染んでいくスタンスは、組織で働く上ではとても重要になってくるのです。また、当然のことながらお仕事のスキルのレベルアップも課題の一つであり、特にIT業界などの技術は日進月歩で、自分で努力して新しい情報を受信していかなければならないのです。

「紹介予定派遣」を使うのも一つの手段

「紹介予定派遣」という形で派遣先に就業すると、正社員や契約社員など派遣先への直接雇用のチャンスが広がります。「紹介予定派遣」は、通常の派遣と同様に派遣会社から派遣先に出向いて働き、大きな違いというのは直接雇用が前提であるということになります。そこで、派遣スタッフが紹介予定を利用する場合、さらに大きなメリットがあるのです。それは、派遣会社のサポートがあるということです。自分が持っているスキルがどのようなお仕事に向いているかの的確なアドバイスを受けられるのと同時に、直接雇用に関する交渉も派遣会社が行ってくれるのです。派遣で働きながら自力で転職先を探す場合、条件にマッチする会社の検索や履歴書の作成、面接などでかなり時間を割かれてしまいますから、紹介派遣はとても効率的なお仕事の探し方だといえるでしょう。