post

 近年では、消極的な選択としてではなく、派遣社員として働くことのメリットを認識したうえで積極的な意思で派遣社員という働き方を選択する人が増えてきています。「自分らしく働きたい」と考えている人からは派遣社員の非常に魅力的なようです。ここではそのような方たちが考える、派遣社員だからこそ感じられる仕事のやりがいをいくつかご紹介いたします。

プライベートな時間のために働く

仕事をしっかりとしながらも自分の時間も大切にしたい。そのように仕事以外の時間を楽しみたいという目的のために働くという働き方です。プライベートを重視しやすいアルバイトとバリバリ仕事をこなしたい正社員のちょうど間に存在するのがこの派遣社員です。アルバイトよりも高めの時給で余裕のある給料をもらい、かつ、休日出勤や残業などがない職場を選ぶことで自分らしい働き方を追求することができます。こうすることで仕事のモチベーションも上昇し、休日は思いっきり遊ぶことができますよね。

夢のために働く

これは派遣社員の比較的時間に余裕があるというメリットを活かした働き方です。自分でお店を開くための開業資金や、海外留学、世界一周など、はっきりとした目標のためにお金を貯めるためと割り切って働いている人が多いようです。派遣社員なので、お金が貯まったら仕事をやめやすいということも選ばれる要因の一つです。その点、お笑い芸人やミュージシャン、役者として稼ぐことができるまでの副業としてとらえている人も多いようです。
「目標を達成するまで働く」と考えられるため、モチベーションを常に高く保って働くことができるのです。

社員になるために働く

派遣社員として様々な仕事を通して、実務経験や資格等を取得しスキルアップを図りながら正社員として働くことを目標にするという働き方です。仕事をきちんとこなすことで自分の評価が上がったり、時給があがったりすることで日々やりがいを感じられるのです。派遣社員からスタートすることでその会社が自分に合っているのかを実際に働いて判断することができることも仕事を続けられる要因の一つだといえます。

まとめ

このように、積極的に派遣社員として働き、やりがいを感じながら働いている方たちに共通しているのは目標を持って働いているということです。派遣の中でも仕事によって特徴は様々ですが、自分らしい働き方、そして自分らしい生き方をすることができる、そんな職場を選ぶことで前向きに働くことができるのではないでしょうか。