post

特殊な雇用形態である「派遣」では、様々な要因で「自分には向いていない」「辞めたい」と考えてしまうこともあると思います。正社員と派遣社員とであからさまに差別を受けてしまったり、人間関係がうまくいかなかったり、労働環境が想像よりも過酷だったり、聞いていた仕事内容とは違う仕事を任されたり、体調を崩してしまったり、他にやりたいことが見つかったり…とその要因は様々でしょう。このように契約期間中にもかかわらず、仕事を辞めたいと思った場合にはどのような手順を踏むことがベストなのでしょうか。単なる手続きだけではなく、社会人としての最低限必要なマナーも含めてここでご紹介します。

まずは派遣会社に連絡する

派遣社員だからと言って、辞めたいと思った次の日から突然出社しない、というのはよくありません。辞めたいと思ったら、まずは派遣会社に連絡をしましょう。派遣先の企業伝えれば良いように感じますが、雇用の関係は派遣先の企業と派遣会社とで結ばれているため、派遣先の企業にすぐに伝えてもあまり意味がありません。派遣会社に連絡をする場合は、「明日から辞める」といきなり伝えてはいけません。最低でも2週間前には伝えなければいけない決まりになっています。また、辞めたいと連絡をした場合にはそう思った理由も伝えたほうが良いでしょう。その理由によっては改善されることもあるかもしれないからです。

派遣会社としての評判を落とさないようにする

あまりにひどい辞め方をしてしまうと、あなた個人に対してだけではなく、派遣会社全体としての評判を下げることになってしまい、以降仕事の紹介をできなくなってしまう可能性もあります。これからもその派遣会社を利用しようと考えている人はもちろん、そうでない人も社会人として責任を持った行動をするようにしましょう。

NGな行動

一番やってはいけないのは真っ先に派遣先の企業の社員に辞める意思を伝えてしまうことです。なぜなら、直接の契約関係にない個人から契約を解除することを申し出るというおかしな状況になってしまうこと、そしてなにより、派遣会社がそのトラブルを後から知ることになってしまい、さらなる混乱を与えかねません。

まとめ

正社員にはない派遣社員の大きなメリットの一つは自由に仕事を選びやすいということです。ですので辞めること自体は悪いことではありません。次の仕事にトラブルなくスムーズに移行するためにもきちんと段階を踏んだ辞め方をして、社会人らしい行動を心がけるようにしましょう。