post

派遣で働くうえで有効だと言われているのが資格です。
現在、様々なスキルを証明できる資格が登場し、働きながら資格取得に励む派遣スタッフが増えていますが、必ずしも資格が派遣で有利に働くとは限りません。
また近年、資格取得のサポートをしている派遣会社が増えていることをご存知ですか?
今回はそんな派遣で必ず役立つ資格を挙げながら、効果的な資格取得術をご紹介したいと思います。

なぜ資格が有効なのか?

派遣スタッフは即戦力として採用されるので、経験やスキルを持っていない人は他の派遣スタッフとの競争に敗れたり、契約更新をしてもらえい場合が多いです。
そのため、希望する派遣先で長く仕事を続けるためにはスキルを証明できる資格が必須だといえるでしょう。

派遣会社を活用して資格を取得しよう

しかし、ただやみくもに資格を取ったとしても業務に関係なければ意味がありません。どんな業種にも求められるスキルや資格は必ず存在します。派遣会社に自分の希望職種を伝え、正確に把握しておきましょう。
また、最近の派遣会社は登録したスタッフを育成しようとする傾向があり、資格取得講座を開いたり、資金援助などのサポートをしてくれるところも多いので、効果的に活用してみてください。

取っておいて損はない資格とは?

とはいえ、ほとんどの業種で共通して求められるスキルや資格も無いわけではありません。ここでは、取っておいて損はない資格をご紹介します。

TOEIC

近年、その重要性を増しているのがTOEICです。グローバル化が進み、英語力は金融や貿易、IT業界だけでなく、どの分野においても使う頻度がどんどん増えています。

MOS(マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト)

どんな職業でも利用されているマイクロソフト社のWord・Excel・PowerPointといったソフトがどれぐらい使いこなせるか証明することができるため、取っておいて絶対に損はしない資格です。

デザインスキル

プレゼン資料や会社のホームページ・広報資料などをセンスよくまとめられるデザインスキルを持っているとどの会社でも重宝されます。特に資格などはありませんが、スキルやセンスを形として見せられるので、スキルを磨いておくといいでしょう。

資格やスキルにも旬がある

いかがでしたか?派遣で求められるスキルや資格は日々変わっていくので、派遣会社に相談したり、常にアンテナを張っておく必要があるでしょう。
また、派遣会社のサポートを利用しながらスキルアップのために資格を取得したりと計画的に腕を磨いておきましょう。必ず自分のキャリアに役立つはずです。