post

派遣会社がいくらか詐取する可能性もある

派遣社員に対してもボーナスを支払おうではないかという法案が今では少し話題になっています。
実際にそうなれば、現在派遣社員として働いている人はかなり嬉しいことになるはずです。
そこで一つ問題になるのが、派遣会社側の対応というものです。
まず、派遣先の会社から出たボーナスも派遣会社に搾取される可能性が十分に考えられるということです。
たとえば、優秀だということで派遣先の会社からボーナスが支払われるとなれば、必ず派遣会社から労働条件の見直しが求められることになります。
ボーナスを支払う代わりに時給を上げるなどの言い訳をして、ボーナスを詐取する可能性も出てくるのです。
要するに、非正規労働者にボーナスが支払われることになろうが、派遣社員という立場に変わりようはないということです。
ですので、ボーナスが出ようが出まいが、直接派遣社員に入る可能性は極めて少ないといえるでしょう。

少なからず正社員との間に深い溝はできる

派遣社員にもボーナスが支払われるとなれば、正々堂々とボーナスをもらっている正社員にとっては何の面白みのない話になります。
正社員の立場からすれば、就職活動で必死に勝ち取った正社員という肩書きを、何の努力もなしに派遣社員として同じ会社で働くということ自体面白くもないのに、さらにボーナスまでもらえるとなれば何のために就職活動を頑張ったのかと嫌気がさすのも間違いありません。
後、派遣社員を下で見ることで何とか正社員というプライドを保っている人も中にはいます。
それなのに、派遣社員がボーナスまで持っていくとなれば何のために正社員として頑張っているのかと疑問に思う人も必ず出てくるのです。

絶対的な結果というものが必要になってくる

派遣社員でもボーナスがもらえるようになると手放しで喜んでいる人も中にはいることでしょう。
しかし、手放しで喜べるほど甘い世界ではないようにも思われます。
「同一賃金同一労働」の根幹はあくまでも環境、条件など全て平等に仕事をしている現場にこそ適応されるということです。
ですので、どの職種でももらえるということでは決してないのです。
また、働き方が改定されることが一つのきっかけとして、雇用環境を整える良いチャンスだと前向きに捉えておくぐらいがちょうどいいような気もします。
お金は人の心を豊かにしてくれます。
ですがその反面、お金で人生を狂わす人も中にはいるということだけは忘れてはならないような気もします。