post

ここ数年で、男女間の雇用に関する格差は大きく狭まり、企業の重要なポジションに女性が就くケースも増えてきました。また、結婚や出産といった女性にとって大きなライフイベントが発生しても、引き続き正社員として勤務をすることも多くなっています。
しかし一方で、正社員を辞めて派遣として働くことを選択する女性もまた増えているのです。これは決してマイナスの理由からではなく、自分のキャリアプラン、ライフスタイルについて改めて考え直した結果、派遣という働き方で自分の理想のプランニングをしていこうとしていく人たちです。

なぜ派遣社員として働こうと考える女性が増えたのでしょうか。ここで派遣社員の働き方のポイントを押さえておきたいと思います。まず、希望の勤務地や業種、給料などを設定することができ、その上で仕事を紹介してもらえるので、実際に働いたときのギャップが少なくて済むということが挙げられます。女性の場合、結婚に加えて出産という特有のライフイベントが発生する可能性があり、将来を見据えたときに「一つの業種のなかでレベルアップしたい」という人は多いと思われます。
そんなとき、派遣社員であれば、同じ業種でも短期間でさまざまな職場を経験することが可能で、転々としていくうちに経験値を積み成長することができます。企業によって職場の雰囲気や細かい規定の違いなどはあるかもしれませんが、同じジャンルの仕事をするのであれば、それまでに培ってきた能力を活かすチャンスはじゅうぶんにあるでしょう。

大きなライフイベントといえば、結婚や出産が挙げられます。そしてこうしたライフイベントがキャリアに与える影響は、やはり女性のほうが大きいでしょう。実際に出産をすることの大変さとその後の子育て、そしてそこから職場復帰していくのかということを考えると、男性より女性のほうがキャリアプランとライフスタイルについて頭を悩ませる機会が多いのではないでしょうか。
そんなとき、派遣社員として働くことを選べば、契約期間が決まっているので比較的短期的な目標が立てやすく、家庭と仕事のバランスが取りやすいと思われます。ライフイベントによって働くこと自体を辞めてしまう必要はありません。派遣という働き方なら、出産から育児、またそこからの職場復帰への移行もストレスなく行える可能性が高いです